2013年11月11日

ヨガとランニング

週末をさかいに、冬がすぐそこまでやってきましたね。

寒気が入ってくる直前の日曜早朝、レッスンに来てくれている方を誘って、河川敷コースにランニングに行ってきました。
「走りたかったんです!」というKさん、久しぶりのランニングということで、おしゃべりできるくらいのスピードで、
途中休憩をいれながらも3kmらくらく完走。
身体の芯がぽかぽかと温まり、汗もかいて、気持ちよかったね~とともに大満足でした。
しかも走り終えてまだ朝の9時。清々しい一日が過ごせそうな気持ちのいい朝ランでした。


私が走り始めたのは、かれこれ6年前くらい。
毎週末、小学校のグラウンドに行っては、走ったり筋トレしている健康オタク(!)の夫についていったのがきっかけでした。

1年目は息も絶え絶え3km走るのがやっとだったのですが、景色のよい河川敷のマラソンコースに場所をうつしてからは、
スケーターや自転車で伴走してくれる息子たちに励まされ、少しずつ距離を伸ばし、3年目くらいには週2回7km~10kmを
コンスタントに走れるようになりました。

ヨガとランニングをはじめたのが同時期で、相性がよかったのも長続きしているコツかもしれません。
ランニング前に太陽礼拝をすると、足首、膝が柔らかくなり、走り始めの身体や足の重さが軽減されます。
ランニング後のシャバアサナは、疲労感がす~っとひいていき、いくつかのアーサナをすることで硬くなった筋肉を柔らかにして、
筋肉痛になりにくくしてくれます。

ヨガとランニングには共通点が多いのも相性の良さかもしれません。
 ♡特別な場所や道具がいらない
 ♡有酸素運動
 ♡ストレス軽減効果
 ♡呼吸が大事
 ♡空いた時間でやれる

いちばんの共通の効果は、気分爽快!、気持ちが良くなることではないでしょうか。
これはすべての身体を動かすスポーツにいえることかもしれませんが・・・。

走っていると、ネガティブな感情が、走っている自分の背後に振り落とされていくように感じます。
走り終える頃には、何、悩んでたんだっけ?というくらい気持ちがすっきりして、やるべきことが順序だてて
見えてくるので、いろいろな事がスムースに運びます。
これ、ヨガも同じで、緊張と弛緩を繰り返すことで、身体の老廃物が流されるのと同時に、
心の澱のようなものも流されて心がすっきり爽快となるんです。

子供の学校や習い事の用事など、ちょっとのらない、気が重いことがあるときは、
必ずヨガかランニングで心を整えてから出席するようにしています(^^)。
効果◎大ですので、ぜひお試しを!

ただ、大きな違いは、リラクゼーション効果でしょうか。
ランニングは心拍数があがり、心臓に大きな負荷がかかり、運動後、疲労するのに対し、ヨガ、特にシヴァナンダヨガは、
ポーズとポーズの間にシャバアサナ(死体のポーズ)という仰向けのリラックスのポーズがはいることで、
疲労感はなく、深いリラクゼーションを得ることができます。

ヨガのアーサナを1時間やることは、
『1時間のエクササイズ』、『1時間のリラクゼーション』、『1時間の瞑想(集中)』を同時にしていることになるといわれています。
健康な方だけでなく、膝や関節に痛みがあったり、心臓に負荷をかけられない方でも、
適切な呼吸と筋肉のストレッチによる血流の促進によってフィジカルな運動と同様の効果を得られるのがヨガなんです。

これから冬になり、寒くなると、どうしても身体が固くなりがちです。
ヨガで身体の芯をあたためて、じんわりと汗をかいてみませんか?

もちろん、一緒に走りたい方も大歓迎(^^)。
お気軽に声かけてくださいね!

朝ランしたKさん、アロマトリートメントの
勉強をして、お仕事にもつなげている方です。

ヨガレッスンにあうアロマオイルの相談に
のってもらいました。
お天気や来てくださる方の体調などに
あわせて使っていきたいなと思っています。

♡お楽しみに♡