投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

【お知らせ】5月のスケジュール

イメージ
5月のスケジュールのお知らせです。
GW中(4/29~5/6)はお休みとなりますのでご了承くださいませ。

4月より、木曜午前中のクラス(10時~11時30分)を新設いたしました。
また、火曜午後の週1回だったジェントルヨガ(やさしいヨガ)を、火曜・水曜午後の週2回にいたしました。
ヨガが初めてで90分は体力が持たないかなと心配されている方、ヨガに通ってみたいけれど
時間が長くは取れない方などなど、60分のクラス、ぜひご利用くださいませ。

-------------------------------------------------------------------
☆2014年5月スケジュール
-------------------------------------------------------------------
火曜日:5月13日、20日、27日 ※5/6はお休み
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 13:30~14:30 ジェントル ヨガ(やさしいヨガ)

水曜日:5月7日、14日、21日、28日
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
13:30~14:30 ジェントルヨガ(やさしいヨガ)

木曜日:5月8日、15日、22日、29日 ※5/1はお休み
10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 14:00~15:30 シヴァナンダ ヨガ

金曜日:5月9日、16日、23日、30日 ※5/2はお休み
 19:30~21:00シヴァナンダ ヨガ
-------------------------------------------------------------------



一年がたちました・・・♡感謝♡

イメージ
今日は初夏のような陽気。 花や樹木や野菜が、勢いよく芽吹いて、色鮮やかに咲きだして、本当にウキウキしますね。
ちょっと前まで寒い~とストーブの前で凍えていたのが嘘のよう。 でも、その前は秋なのに猛暑で暑い~ともだえていたような・・・。 そのうち、また温度計が壊れてしまったような灼熱の夏がやってくるんですよね。
この小さなヨガ教室を開いて、4月でちょうど1年がたちました。 一年はあっという間でしたが、こんなにたくさんの「はじめまして!」はサラリーマンを始めた頃以来でしょうか。 レッスンのたびに、背筋がすっと伸びるような、ほどよい緊張感があって楽しい時間でした。
来てくださった方々も、きっとはじめはドキドキしながらご予約をしてくださったことでしょう。 せっかくのレッスンを緊張せずに、リラックスして楽しんでいただけるよう心がけてきましたが、 いかがだったでしょうか?
わたし自身、プライベートでは更年期の入口にさしかかり、『更年期母vs思春期息子たち』という どちらもホルモンバランスが乱れる感情のぶつけあいという泥沼試合!? 単身赴任夫とタックを組んで二人三脚を走らねばならないのに、なかなか足並みがそろわず、 転びかけたこともたくさんあった一年でしたが(これはまだまだ続きますね・・・)、 いろんな世代のお客さまがいらしてくれたおかげで、目からうろこのお話を聞けたり、 似たような悩みを笑いながら打ち明けあったり、若い方々からは、いまどきの高校生事情を 教えてもらったりと気持ちがふわっと軽くなることがたびたびありました。
家でのレッスンということもあり、”家族のため・・・”と思うとルーチンでマンネリ化しがちな掃除や庭仕事も、 レッスンに来てくださる方に気持ちよく過ごしていただけるように・・・とやるのでは、 やる気も、はかどり具合も全然違うんですね(笑)。 結局のところ、家もこぎれいになり家族はハッピー(たぶん)、わたしも毎日ヨガを続ける習慣が 保ててよかったな~と思います。
今年度も、みなさんのご協力をいただきながら、マイペースですが小さなヨガ教室を続けていきたいと思います。 いつも来てくださる方も、初めての方も、お久しぶりの方も、春のお庭を眺めながらのヨガで、 ふわっとリラックスして、身体と心を調えていきましょう。 ご予約お待ちしております♡。






ヨガのポーズ、痛みの先にあるものは・・・・・

4月になりました。
サクラ、きれいですね~。お庭の春の花も満開です。

週末、三島のYoga Space Bijaさんで、月一回の成瀬先生の『ハタヨーガ プラディーピカー』の
講義とアーサナを受講してきました。
今回の座学は、ヤマ(してはいけないこと)、ニヤマ(すべきこと)。
紀元前に体系化された瞑想のヨガといわれるラージャヨガでは第1段階、第2段階に実践すべき項目でありながら、
現代の一般的なヨガであるハタヨーガの教典ハタヨーガプラディピカーでは補説としての扱いとなる違い、
重要な理由、そしてヤマ、ニヤマの詳細について教えていただきました。

とっても面白く、興味深い内容でしたので、レッスンの時に少しずつおすそわけできたらと思っています。

そして講義の後、実技のアーサナのレッスンも受けてきたのですが、
ここ数日間感じていた腰痛がすっかり解消されてびっくり。

ヨガを通して自分の身体の変化をよく観察するようになった私ですが、
自分自身の長年の腰痛の原因が、女性の生理に関係することがだんだんわかってきました。
観察してみると腰痛になるのが、排卵日や生理前1週間だけで、腰骨というより、
腰回りの筋肉がパンパンにはっているのです。

今回、そんな私の腰痛改善に効いたポーズは、アーサナというよりは、普段のレッスンでも、
アーサナに入る前に行っているウォーミングアップ段階の基本のストレッチの順番を少し変えたもの。
これを普段よりも数倍ゆっくりと、そして呼吸しながら、自分の身体の”響き”を聴きながらやることで、
腰回り、骨盤、股関節が徐々に調整され、緊張していた筋肉がゆるんで、重かった腰が
いっきに軽くなったんだと思いました。
もし、生理痛による腰痛に悩んでいる方がいましたら、またレッスンの時に声をかけてくださいね。


それにしても、今回、成瀬先生のガイドでとっても印象的だったのが、
アルダマチェンドラアサナ(背骨ねじりのポーズ)の際にささやかれた言葉。

『痛みの先には・・・・、何もありません』 

頑張り屋さんのヨギーニには”ち~ん”って感じですよね(^^)。

でも、痛みが伴うまでやるのは、関節や筋肉、筋を痛めるだけで、何の効果もない。
また簡単なアーサナだからといって効果が少なく、難しいアーサナほど効果が高いわけではなく、
どんなアーサナでもきちんと効果があるというのが、身体の芯から…