投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

【お知らせ】2019年8月のスケジュール

イメージ
8月のレッスンスケジュールをお知らせします。
--------------------------------------------------------------------------------
☆2019年8月スケジュール
《ご予約&お問い合わせはこちら》
--------------------------------------------------------------------------------
火曜日:8月6日、20日、27日 ※8/13はお休み
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 13:30~14:30 ジェントル ヨガ(やさしいヨガ)

水曜日:8月7日、21日、28日 ※8/14はお休み
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 13:30~14:30 ジェントルヨガ(やさしいヨガ)
 19:00~20:30シヴァナンダ ヨガ

木曜日:8月8日、22日、29日 ※8/1、15はお休み
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ

金曜日:8月9日、23日、30日 ※8/2、16はお休み
 19:30~21:00シヴァナンダ ヨガ

土曜日:8月10日、24日
 朝 9:30~11:00  シヴァナンダ ヨガ
-------------------------------------------------------------------------- ◆お知らせ①◆レッスン場所と駐車場のご案内7月23日(火)~8月末まではすべてのレッスンが和室(高岡1丁目)になります。
駐車場は右隣の空き地をお使いいただけますが、昼間のレッスン時は、道路側一列を空けて、
奥から順に駐車いただけるようご協力をお願いします。⇒駐車場案内の参考ページ
※初めての方、場所がわからない方には、ご予約の際に説明しますので安心してくださいね。


◆お知らせ②◆夏休み中のお子さんと一緒にヨガレッスンはいかがですか?7月後半から8月末の平日昼間レッスンで、ご予約が少ない日に限らせてはいただきますが、
夏休み中のお子さんとご一緒の参加も承ります。まずはお気軽にご相談くださいませ。

 ※60分 or 90分間、一緒にヨガレッスンのお部屋にいられるお子さん
  ポーズはすべてやらなくても、コロリと横になっているだけでも大丈夫です。
 ※ヨガは無理だけど、座って読書や夏休みの宿題をやっていられるお子さ…

ロングトレイルという歩き方

イメージ
暑さと湿気、虫が多くなってくる夏の低山は、快適とはいえず、涼しくなる秋まではおあずけ。
朝の涼しい時間帯に栃山川沿いのジョギングコースを走ることが増えるのですが、
今日は趣向を変えて、スイレンと蓮が見頃の蓮華寺池公園までロングトレイルならぬ、ショートトレイル。

最近、“ロングトレイル”という言葉、耳にする機会が増えてきたように感じます。
日本ロングトレイル協会というのもあるくらい。
わたしがはじめて知ったのは映画でした。どれも観ると歩きたくなる映画です!
「ロングトレイル!」「わたしに会うまでの1600km」
「星の旅人たち」「サン・ジャックへの道」

山頂・ピークを目指す山登りではなく、自然の中を何日もかけて、好きな分だけ歩き続ける。
友人に誘われて熊野古道を歩いたことがありますが、どこまででも自分の脚で歩いて行けるのだと、
とてもシンプルなことに気づき、歩けた自分の体力に自信が持てたように思います。



さて、蓮華寺池公園、10年前までの私だったら、ほぼ間違いなく車で行っていたと思います(笑)。
なんたって、徒歩5分のスーパーにも車で行っていたくらいですし、
時間があったら1人で眠りたい・・・・と思ってましたから(⇒週1回以上運動してますか?)。

でもね、あのころは遠いなぁと感じていた蓮華寺池公園も、google先生に聞くと、
家からたった4.5km(片道)。
池を一周して+1.5kmなので、往復で10kmちょい。


 車では通らない路地を歩いてみたり、瀬戸川の土手に降りて水流を楽しんだり、
 写真を撮ったり、まんさいかん(野菜の直売所)で旬のお野菜を買ったり、
 約2時間30分のふらり町歩き、歩数計は13,000歩でした。

 そういえば、かき氷の暖簾がそこかしこに。かき氷スポット多いんですよね、藤枝は。
 疲れたら、冷たいものでひとやすみしたり、帰りはバスでもいい。
体力づくりも楽しくないと続かないので、まずはスロースタートで。

ひとりでも楽しいし、お子さんやお孫さんとでも良い体力つくりになると思います。
 ちょっとまとまった時間ができたら、ヨガに加えて、ぜひふらり町歩き、楽しんでみてくださいね。


--------------------------------------------------------------------------------
☆2019年7月スケジュール
《ご予約&お問い合わせはこちら》

「南極ではたらく:かあちゃん、調理隊員になる」(著:綿貫淳子)

イメージ
長雨が続いていますね。
晴れていたら、ついつい手を出してしまう大きな”家仕事”も、気になるけど、ちょっとだけ見ないふり。
コインランドリーでの待ち時間、子どもの送迎待ち、電車を待つ時間、
すき間時間が増えたらラッキーと発想の転換をしながら、”雨季”をうまく乗り切っていきましょう。












新聞の小さなコラムで見て、ずっと読みたかった本にようやく出会えました。
期待を裏切らない面白さ。
「南極ではたらく:かあちゃん、調理隊員になる」(著)綿貫淳子2015年に第57次南極地域観測隊の調理隊員として、1年4か月を昭和基地で生活した日々、
隊員になるまで、帰還後をまとめたエッセイです。

堺雅人さんが演じた「南極料理人」という映画を観たのは、もう10年くらい前のこと。
過酷な環境とはいえ、ストーリーがコメディタッチで、ただただ楽しく、美味しそうな映画だったな
という思い出があります。

その後、フランス映画「大統領の料理人」でも、ミッテランの専属料理人に大抜擢された女性シェフが、
南極フランス観測基地の料理人の任期を務めあげたシーンがありました。
こちらのストーリーは、どちらかというとシリアスで、女性であること、男性からの嫉妬や軋轢、
大統領との信頼関係、気持ちを熱くする料理の数々に泣かされます。
そして、この綿貫さんの南極料理人体験は、もっともっと近く感じられるのです。いや、南極で料理人として30人・3食・365日を切り盛りされた経験はすごいスキルだし、
きっと宇宙ステーションに行くくらい、途方もなく別世界のことではあるのだけれど、
出産を機に家事育児に専念した後、息子さんが高校生になったタイミングで応募、
三度目の挑戦で合格、41歳の挑戦だったという背景が私にそう感じさせるのかもしれません。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「夢は見つけるものではなくて、出会うもののような気がします。だから無理に見つけなくても、
出会えた時に全力でチャレンジできるスキルを少しずつ身につけておきたい。
ごはんを作ったり、洗濯ものをたたんだり、子どもにお小言を言ったりといった日常は、
平凡でなんてことのない毎日かもしれません。   ~中略~
でも、そのな…

このブログの関連記事

【お知らせ】2019年12月のスケジュール

『山歩きで忘年会2019』のお誘い & 『ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか』(著:熊谷徹)

「そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森 ノースウッズ」(著:大竹英洋)

【お知らせ】2019年11月のスケジュール

ヤマ・ニヤマ ~ヨガの八支則より~