投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

山に行きたくなる本をいくつか・・・

イメージ
わたしが良く歩くのは低山なので、夏は暑すぎて、山歩きが楽しめませんでした。
早く秋にならないかなぁと、ウズウズ、ウズウズしているところに、 拍車をかけるような面白~い山漫画をお友達が貸してくれて、
気分はすっかり秋冬の山中です(笑)。
友達が貸してくれた漫画、一つ目は『山と食欲と私』信濃川 日出雄 (著) 「山ガール」と呼ばれたくない自称「単独登山女子」の鮎美ちゃん@27歳が
週末ごと、その日に山頂で食べる食材を吟味してかついで登る様子、
登りながら感じること、つぶやきが面白すぎて、貸してもらった6巻まで
一晩でいっき読みしてしまいました。


二つ目は鈴木みきさんの本
『山小屋で、会いましょう!』『悩んだときは山に行け!』『山テントで、わっしょい!』
こちらは、How Toの要素も含まれていて、山に行きたいけど何から手をつけたらいい?という
疑問に答えてくれながら、日帰り⇒山小屋⇒テント泊へとステップアップしていく方法、
装備などを漫画で解説してくれるので、あ、わたしでも行けるかも!と勇気がでます。
著者が山を登り始めた20代後半から現在の40代までの山や社会との向き合い方、心の変遷、
変わるもの、変わらないものなど、こちらにもいろいろ共感します。

この夏は、この他に読んだ本も山に関係するものが多かったように思います。
7月の台湾旅のお供にと持って行ったのは、登山家、冒険家の植村直己さんの「青春を山に賭けて」。 1971年に出版された本ですが、まったく古さを感じない、植村さんの想い、冒険しているときの 息づかいや興奮や落胆、葛藤など、こころの移ろいもぐいぐい伝わってきます。 何よりも、文章がうまい。山で自分と長時間向き合っているからでしょうか。 読ませるし、惹きこまれるし、一期一会で出会った女性とのやりとりなど、 本当にこちらが照れてしまいそうに面白い。 日本人エベレスト初登頂をはじめ、世界5大陸最高峰登頂記録という偉業を成し遂げた 遠い存在の植村さんだからこその、この言葉がぐっときます。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】2018年9月のスケジュール

イメージ
------------------------------------------------------------------- ☆2018年9月スケジュール ------------------------------------------------------------------- 火曜日:9月4日、11日※9/18、25はお休み  10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ  13:30~14:30 ジェントル ヨガ(やさしいヨガ)
水曜日:9月5日、12日、19日、26日  10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ 13:30~14:30 ジェントルヨガ(やさしいヨガ) 19:00~20:30シヴァナンダ ヨガ
木曜日:9月6日、13日、20日、27日 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
金曜日:9月7日、14日、21日、28日

「感じる力」「気づく力」

イメージ
8月になりましたね。 7月がすでに夏真っ盛りだったので、今年二度目の夏がまたやってきたような感じ。
ここまで暑いと、昨年までのように、『せっかくの夏、楽しみましょう』 なんて気軽には言えません。 言えるとしたら、『ヨガの智慧を活かして、今年の夏を乗り切りましょう』、、ですかね。
ニュースでは毎日毎日、トップニュースで、今日も猛暑だ、酷暑だ、熱中症にならないよう 冷房をためらわずに使いましょう!と選挙宣伝なみに、繰り返し伝えられます。 正しい情報を万人に伝えるのがメディアの仕事、責任なのでそれはそれで良いのです。

このブログの関連記事

【お知らせ】2019年11月のスケジュール

連れていきたい場所、見せたい景色があります

【お知らせ】2019年10月のスケジュール

「そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森 ノースウッズ」(著:大竹英洋)

ヤマ・ニヤマ ~ヨガの八支則より~