投稿

8月, 2019の投稿を表示しています

歩いて、食べて、ヨガをして、 北海道旅②

イメージ
夏の北海道、 友人と巡った道東(中標津・知床半島・小清水)、家族と旅した積丹半島で それはそれは美味しいウニに出会いました。 知床半島の羅臼港で、エゾバフンウニ。 ⇒羅臼の海味 知床食堂 オレンジがかった色で、味もクリーミーで濃厚。 積丹半島では、ムラサキウニ。   ⇒積丹観光協会 白ウニとも呼ばれ、さらっとした食感で、いくらでも食べれてしまいそう。 ウニにシーズンがあることも知らなければ、種類があることもあまりわかっていなかったのですが、 百聞は”一食”に如かず。 この旅で、すっかり、にわかウニ博士です(笑)。 羅臼の漁は1月~6月、積丹では6月から8月が解禁時期ということで、 それぞれシーズンは少し異なるようです。 羅臼でいただいたウニ丼は、漁期終了後も楽しめる塩水ウニだと思いますが、 羅臼昆布を食べたエゾバフンウニは絶品と漁師さんたちが豪語するだけあって、 そのお味、間違いない。 食べるのがもったいない、でも、ホカホカ白ご飯にのった冷たいウニといくらが 温まる前に味わいたいという、悶絶必至なかけひきの時間でした。 そして、積丹は、まさにウニ漁最盛期。 漁師さんがやっている食事処が多く、朝獲れの生うに丼が楽しめます。 「積丹にウニを食べに行くんです!」と話すと、 札幌のレンタカー屋さんも、宿のオーナーさんも、 それはすごく早くいかないと、渋滞もすごいし、お店も朝から行列だよ、がんばって!!と。 え、そんなに!? 確かに、8月の札幌から積丹方面への道、すごい交通量でした。 ウニ目当ては観光客だけでなく地元の方も、そして海水浴の現地の方もいっぱい。 北海道でこんなに海水浴が盛んというその光景にもびっくり。 でも開店の10時には積丹に到着し、お目当てのお店「みさき」さんへ。 並んではいたけれど、接客がとてもスムースで、回転も良く、わりとすぐに入店できました。 後から聞くと、どうやら朝一で並ぶ方々のお目当ては、積丹では貴重な生のエゾバフンウニ。 限定10食とか15食なので、すぐになくなってしまうんだとか。なるほど。 わたしたちは、それほどこだわりもないので、ムラサキウニ丼を堪能。 「生うに」を食べてみて感じたのは、静岡名物 「生しらす」と同じ法則。 漁港で直接買う、朝水揚げされたばか

【お知らせ】2019年9月のスケジュール

イメージ
9月のレッスンスケジュールをお知らせします。 お子さんの夏休みや 帰省、旅やお仕事などで8月にお会いできなかった皆さま、 ”ヨガ不足”なっていませんか? 再会を心より楽しみにしております。 -------------------------------------------------------------------------------- ☆2019年9月スケジュール 《ご予約&お問い合わせはこちら》 -------------------------------------------------------------------------------- 火曜日:9月3日、10日、17日、24日  10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ  13:30~14:30 ジェントル ヨガ(やさしいヨガ) 水曜日:9月4日、11日、18日、25日  10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ  13:30~14:30 ジェントルヨガ(やさしいヨガ)  19:00~20:30シヴァナンダ ヨガ 木曜日:9月5日、12日、19日、26日  10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ 金曜日:9月6日、13日、20日、27日  19:30~21:00シヴァナンダ ヨガ 土曜日:9月7日、21日  朝 9:30~11:00  シヴァナンダ ヨガ -------------------------------------------------------------------------- 台風一過の後も続きそうな暑さ、そしてこれから巡る季節を、 きちんとセルフコントロールして、 不調知らずで過ごせるよう、 ヨガを毎日の生活に取り入れていただけるようガイドしていきます。 カラダに良いコトの継続は、、、意外と難しい、 でも続けたら、とても大きな力に繋がります。 ◆ 8月後半のレッスンは、20日(火)から通常です。 思っている以上に、この驚異的な暑さはカラダに堪えています。 普段よりも、動きを穏やかに、じっくりとカラダにエネルギーが巡ることを 感じられるよう ガイドしています。 ※太陽礼拝の数も減らしています(笑)ので、安心してご参加くださいね。 ◆ 8月24日(土)、25日(日)には、富

歩いて、食べて、ヨガをして、 北海道旅①

イメージ
約30年ぶりに北海道に行ってきました。 大学2年生の夏、名古屋港からフェリーに乗り、大部屋で雑魚寝しながら、苫小牧港に着き、 今は死語になりかけてしまった”ユースホステル”やキャンプ場に泊まりながら 1か月かけて北海道を一周 して以来。嗚呼、懐かしい。 今回、北海道に行ったらやってみたかったことのひとつ、 それは「 北根室ランチウェイ 」を歩くこと。 北根室ランチウェイ=Kiraway は、ニッポン10大トレイルのひとつ。 中標津空港から開陽台展望台を経由し、広大な牧場(Ranch)や養老牛温泉、 摩周湖の外輪山を歩いて弟子屈町のJR美留和駅に到着する71.4kmのロングトレイルコースなんです。 本当はスルーハイクで全部を歩きたいところだけれど、テント担いで71.4kmの完全踏破するほどの 根性も体力もなければ、 せっかくの北海道、他にも訪れたい場所もたくさんあるので、 今回の目標は第2、第3ステージの セクションハイク約20km。 机上の計算では、午前10kmを3時間、ランチウェイの事務局のある牧場のレストランでランチ休憩して、 午後10kmを3時間、な~んて簡単に考えていたけれど、現実は そんなにうまくはいかない。 なにせ、相手は大自然。 静岡も暑かったですが(今も・・・)、道東も想定外の猛暑。 北海道の広大な牧場の中を歩く道なので、牛に会えるのを楽しみにしていたのですが、 一頭も見かけず、 牛もまいるこの暑さ、人間は、当然、水分補給休憩が増えてペースダウン。 さらには、地図はもちろん持って行ったのですが、牧場の 作業時期によって少しずつ歩くルートが 変わることもあり、ルート変更の 看板見落としで、途中何度か迷子に(涙)。 だんだん心細くなるようなけものみちになり、行きついた先が橋のない、とても渡れそうにない川幅の 川べりで、これは間違ったと思っても 後の祭り。 また永遠に続くと思うくらいの一本道を、炎天下のなか引き返す勇気は相当で、 友人と大声で知っている限りの懐メロを歌いながら、折れそうな気持ちを奮い立たせて歩きました。 そして、携帯が通じるところに戻って、地図に記載されていたヘルプデスクに電話、 申し訳ない気持ちで迷ったことを伝えると、 この一本の道の発起人である佐伯農場のご主人

アイヴァン・スタンレー先生のYOGA JAPAN TOUR 2019

イメージ
長い長~い梅雨があけ、夏本番。 避暑になるかなと知床を旅しているのですが、北海道、まさかの猛暑。 「体験したことのない暑さ」なんだとか(汗)。 静岡もとても暑い日が続いていると聞いています。気をつけてお過ごしくださいね。 ”健康と天気は切り離せない関係”だと、年を重ねるごとに強く感じます。 タフな気候変動を何度も乗り越えてきた動物には、自然治癒力=回復する機能が備わっています。 空調に過度に頼りすぎず、 気温や湿度、気圧変動に振り回されないカラダ作りを心がけましょう。 振り回されて、よろめいたとしても、自分なりの 整え方を知っていると、毎日の生活はぐっと快適になります。 今年の夏の休暇は、ヨガで調える時間をつくってみませんか? 休暇で帰省中の方も飛び入り大歓迎。 ご予約お待ちしております。 そして、いつもレッスンご参加くださる皆さま、インド人講師によるヨガレッスンのお知らせです。 先月のシヴァナンダヨガジャパンツアー に次いで、 8月もインド人のヨガの先生のイベントにお誘いいただきました。 アイヴァン・スタンレー YOGA JAPAN TOUR 2019 シヴァナンダヨガだけでなく、アイアンガーヨガ、 アシュタンガヨガに 造詣の深い先生で、 昨年も参加させていただいたのですが、 関節の向き、足指の使い方の重要さを 再確認しました。 (様子はこちら) 私は25日(日)に参加予定です。 ピピッと感じたら、ためらわず、気負わず、 お気軽にご相談くださいませ。 ご一緒しましょう♡ --------------------------------------------------------------------------------   ☆2019年8月スケジュール 《ご予約&お問い合わせはこちら》   ※お休み中でもお問合せ可能です。 -------------------------------------------------------------------------------- 火曜日:8月6日、20日、27日  ※8/13はお休み  10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ  13:30~14:30 ジェントル ヨガ(やさしいヨガ) 水曜日:8月7日、21日、28日  ※8/

このブログの関連記事

空腹の気持ちよさ

子宮動脈塞栓術(UAE)から半年が経ちました

台湾でヨガしてきました!

エコアイランド宮古島マラソン2017

【お知らせ】2020年2月&3月のスケジュール