2017年2月17日

パワンムクタアーサナで冷え性改善&血管老化防止

こう寒さが続くと、知らないうちに肩をすぼめていたり、身体が縮こまってしまいますね。
しかも、寒いからといって動かないと、内臓が冷えて、手先や足先が冷~たくなることも。

少し前になりますが、NHKのためしてガッテンで「つら~い冷え性が改善!血管若返り術」を特集していました。

冷え性というのは、手先や足先の血液循環の悪さが原因のひとつと言われていますが、
血液循環が悪くなると、手足が冷えるだけでなく、血管を老化させてしまうという悪循環につながります。
代謝が悪くなったり、太ったり、さらに重大な疾患は、血管の老化に起因するものが多いので要注意です。

番組では、血液循環を良くするための血管をマッサージするストレッチを5つ紹介していましたが、
すべてヨガのアーサナと同じものだったことお気づきになりましたか?
◆血管伸ばしのストレッチ、ためしてがってん公式サイトに写真入りで紹介されていますのでぜひ参考に。

ヨガというと、ポーズが難しそうで、身体が硬いわたしには無理!!と敬遠される方もいらっしゃるかもしれません。
でもヨガのポーズは難しいものばかりではありませんし、難しいアーサナ(ポーズ)の方が、
優しいものより効果があるかといったら、そうばかりでもありません。

毎日のレッスンでいちばん大事にしたいのは、ダイナミックなアーサナに入っていく前に
必ず行うウォーミングアップであり、基本の動き「パワンムクタアーサナ」です。

パワンムクタアーサナ群のやり方、
効果が詳細に説明された教科書が
ありますので、ご覧になりたい方は、
お気軽にお声かけくださいね
パワンとは「風」「気」という意味で、ムクタは「解放」、つまり、体内の自然な流れを妨げるものを
取り除くアーサナという意味になります。
(Asana Pranayama Mudra Bandaha (著)スワミ・サテャナンダ・サラスワティ より)


ほぼ誰でも取り組める基本的なヨガのアーサナで、身体の中の硬くなりがちな関節や筋、腱を
呼吸にあわせてていねいにほぐしていくものです。
パワンムクタアサナをきっちりやっておくと、その後に続く、ダイナミックなアーサナにもスムースに
移行でき、安定してキープすることでより多くの効果が得られるようになります。

ヨガレッスン後に、顔色が良くなったり、手足がポカポカしたり、足のむくみが解消されるのは、
筋肉や筋、腱とともに血管もよ~くマッサージされているからなんですよね。
ヨガでは内臓もマッサージされるので、胃腸の調子も良くなっていきます。

そして、なによりも、いちばん大切なこと、それは継続です。
番組の最後でも話していましたが、ストレッチ効果は即効性はあるものの、その効果は持続せず、
あっという間に身体はもとに戻ってしまうので、毎日の継続がいちばん大事ということ。

週末にかけて、もう少し寒い日が続きますが、ヨガレッスンで身体の芯からあたたまりましょう。

◆2月のレッスン場所について
実家和室(高岡1丁目)でのレッスンとなります。通常の場所から徒歩5分くらい。
はじめての方、また場所がわからない方はご予約の際にお問合わせくださいませ。
-------------------------------------------------------------------
☆2017年2月スケジュール
-------------------------------------------------------------------
火曜日:2月7日、14日、21日、28日
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 13:30~14:30 ジェントル ヨガ(やさしいヨガ)

水曜日:2月1、8、15日、22日
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 13:30~14:30 ジェントルヨガ(やさしいヨガ)

木曜日:2月2、9日、16日 ※2/23はお休み
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 14:00~15:30 シヴァナンダ ヨガ

金曜日:2月3日、10日、17日 ※2/24はお休み
 19:30~21:00シヴァナンダ ヨガ

土曜日:2月18
 14:00~15:30 シヴァナンダ ヨガ
------------------------------------------------------------------------------

◆3月のレッスンについて

3月はひと月、レッスンがお休みになります。
お休み中も、レッスンブログの更新、および、ご予約、お問合せも通常通り受付いたします。
4月のレッスン再開は4日(火)を予定しています。

ヨガレッスンを楽しみにしてくださっている皆さんには、大変ご迷惑をおかけしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。