2017年5月15日

旅先でヨガ@アリゾナ州ツーソン

旅先でヨガをすると、そこで暮らしているように土地や現地の方との距離がぐっと縮まったり、
旅の疲れが癒されたり、いつもより食べ過ぎてしまう旅先での体調を調えてくれたりと
良い効果がいっぱいです。

読んでくださるみなさまの旅や生活のちょっとしたヒントになったらいいな~と
備忘録もかねて、旅の思い出を少し綴ってみようと思います。
長文になりますので、お時間のある時にご覧くださいね。

-------------------------------------------------------------------
☆2017年5月スケジュール
-------------------------------------------------------------------
火曜日:5月9日、16日、23日、30日 ※5/2はお休み
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 13:30~14:30 ジェントル ヨガ(やさしいヨガ)

水曜日:5月10、17、24日、31日 ※5/3はお休み
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 13:30~14:30 ジェントルヨガ(やさしいヨガ)

木曜日:5月11、18日、25日 ※5/4はお休み
 10:00~11:30 シヴァナンダ ヨガ
 14:00~15:30 シヴァナンダ ヨガ

金曜日:5月12日、19日、26日 ※5/5はお休み
 19:30~21:00シヴァナンダ ヨガ

土曜日:5月13
 14:00~15:30 シヴァナンダ ヨガ
------------------------------------------------------------------------------

3か月前までは、場所も名前も知らなかったアリゾナ州ツーソンという町。

それが、今や、時計をふと眺めては、ツーソンは何時だろう?と、
地球の反対側で繰り返されるKさんとワンコたちの日常に想いを馳せながら、
旅の余韻を楽しんでいる私がいます。

今回の旅で訪れた『セドナ』や『アンテロープキャニオン』はもちろん圧巻、感動でしたが、
目を瞑っていちばんに思い出すのは、今回の旅のプランナーである友人がピピッと感じて、
滞在先に選んでくれたアリゾナ州ツーソンにある日本人女性が経営する『Asano House』
アサノハウスのHP、見ているだけでも旅している気分に。ぜひご覧くださいね。

開放感あふれるアメリカンハウス。
フロントガーデン、バックガーデン、プールサイド、バーベキューテラス、パティオにと
お天気や時間帯、気分によって、いろいろなお庭でお茶をしたり、読書したり、ヨガをしたり。
『暮らすように旅する』のが大好きなわたしにとっては、これ以上ないくらいの理想郷。




映画やホームドラマにでてきそうな大きなダイニングキッチン。

朝、窓からさす太陽の日差しで目を覚ますと、
ベーコンやソーセージを焼くいい匂いとともに、
食卓にはフルーツや野菜がたっぷり。

食いしん坊の私が、アメリカのドーナッツ食べたい!と言うと、
そんな添加物いっぱいのものダメ~(笑)と、バナナケーキを焼いて
たっぷりのアイスクリームを添えたデザートを作ってくれた日も。


 

年を重ねるごとに、国や土地には、相性だけでなく、その人によっていざなわれるタイミングというものが
あるのだとつくづく感じます。

実は、高校生のとき、憧れだったアメリカへの夏休み交換留学に意気揚々と応募して、あっさり落選して以来、
勝手にひとり逆恨み・・・(笑)、インド以上に、きっと訪れることはないだろうと思っていましたが、
あの頃アメリカに来ていたら、今回の旅はきっとなかったでしょう。

「留学中の息子を尋ねながら、一人旅してみようと思うの」と嬉しそうに、でも少しドキドキしてるのよ
旅のプランを話してくれたサラリーマン時代の大先輩であり、今も良き友でいてくれる彼女に、
心から「一人旅、がんばって♡」とエールを送っていた私が、まさかその旅に便乗させてもらうことに
なろうとは、想像もしませんでした。

なにせ、時は二月、息子受験真っ只中。

でも、何か感じるところがあったのだと思います。
4月になれば、きっと、どう転んでも、何かしら息子は自分で決めた道を歩きはじめているはず。
うまくいくときは、すんなりことが進むし、ダメかな~と思うときはすっぱりあきらめる時。


行けるはずないと思いながらも、何気なくフライトを検索してみると、空席表示が・・・・。
そこからは、サラリーマン時代に唯一(?)身につけた根回し大作戦で、家族の了承を得て
実現にこぎつけました。
友人と唯一別になってしまった最後のロングフライトが、噂のユナイテッド航空だったことは
大誤算でしたが・・・(涙)。


本当のところ、わたしはとってもとっても小心者なので、初めての国、初めてのチャレンジには、
嬉しさやワクワクよりも、ドキドキ不安が募ります。
でも、だからこそ、「旅する力」が落ちないように、時々、ど~んと自分で自分の背中を押してしまう
のかもしれません。

長文、読んでいただいてありがとうございます。
日本でもじわじわと人気の『アンテロープキャニオン』&『セドナ』を訪れたことはまた次の機会に。